ザ・コミックス@セブ

元お笑い芸人(ザ・コミックス)リーダーのセブ島リロアン、旅の宿チロリン宿と波際食堂の独り言。

6月1日(金)HRM姉さんと最後の電話


いよいよ6月雨季に突入


イメージ 1


深夜強い雨に

たたられたけど

一時間ほどでピタリと止み

入梅への挨拶か・・・

う~ん・・義理堅い奴

あめあめ~ふれふれ~

母さんが~蛇の目で~

おむかえ~うれしいな~

ピチピチ~ギャルだと~

うれしいなあ~

そんな娘が迎えに来る

同級生がうらやましかった

大大昔の霊山村

今朝の波際・・・

雨季に入った雰囲気が

満ち満ちている・・・


イメージ 2


ぼんやりした雲々

ぼんやり見えないカモテス


イメージ 3


ぼんやりたたずむ黒い男


イメージ 4


ぼんやり眺める

満州生まれのケン忘症

近ごろ月日の経つのが

日増しに早く・・・

まるでひと月が10日に感じる

頭の動きは遅くなったのに

反比例して日々の動きが

非常に早い・・・

合点がいかぬ

脳みその動きが

遅くなってるのだから

比例して日々の経つのも

遅くてよさそうなもの

そのへんが逆になってる

試して合点いくわけない

お願いだから1年365日

を1日にして

もらえないだろうか・・・

そうしてもらえば

10年が10日・・

30年でおよそ1ヶ月

300年が1年

3000年で10年・・・

そうなると長生きしすぎて

逆に辛くなる恐れも・・・

難しいもんだ人生って奴

青春の体が凝り固まらぬように

木曜日もダナオの山を

黙々と歩いた・・・

小さいながらも硬い

ボールを打ち追いかけ

汗だくの9ホールス

この日のおばさん

キャデイーパートナー

個性的なので

写真に収めようとしたけれど

カメラを向けると

失礼になりそうな顔

侮辱と勘違いされそうなので

一瞬心をストップ

シャッター押すのを止め

きれいな雲に向って

パチリと押し誤魔化した


イメージ 5


病気の後遺症なのだろうか

高熱でも医者にかかれぬ

山奥に住む土着民に

時々見かける・・・

風土病だろうか

気の毒だったおばさん

身体は元気いっぱい

だったけど顔の形が

思いっきり変形していた

気持ちで100ぺちょ

多くあげたけど

焼け石に水の

ような気もした

人生いろいろ~

ほんとにいろいろ~

上を見ればきりがない・・

下を見てもきりがない・・

与えられた今を

感謝の心で生き抜くしか

方法はないのかも知れない。


       <ザ・コミックス放浪記>


お店の広さが倍になり

16坪になって小さな

田舎クラブ風にも見える

ケン棒の弾き語りも

草加の田舎辺りじゃ

上々の出来・・・

草加、越谷、界隈では

結構な評判となり

すっかり午前0時過ぎが

メーンな時間となり

水商売の女性達が

つれてくるお客さんで

あふれるようになってきた

朝まで営業する店が

なかった昔の草加、越谷

田舎街・・噂を聞きつけ

東武線一帯のトルコ嬢

まで出没する店に

なってきたパブ・コミックス

必死に生活賭けて

頑張るケン棒・・クマちゃん

そんな忙しいさなか・・・

ふとした時・・頭に浮かぶ

HRM姉さん・・自分の

人生だけにうつつを抜かす

ケン棒・・時には自己嫌悪に

駆られながらも・・・

がむしゃらにわが道を

突き進む薄情なケン棒

心に隙間風を感じながらも

尚且つ突き進む・・・・・・・

これを若さと言うのか・・

バカさと言うのかも

わからずに

勝手な出世欲に

溺れるケン棒・・・

なにが出世なのかも

知らずして・・

それが若さと言えば

云えなくもないけれど

ド貧乏で家庭愛には

無縁だったケン棒・・

金持ちにさえなれば

人生の幸せは

かなえられると

固く信じてたあの頃・・

煩悩の真っ只中を

迷わず生きていた

HRM姉さんと疎遠になり

草加へ一人越してきて

半年も経った頃・・・

酒を飲んだ勢いで

姉さんに電話してみた・・

深夜なのに電話に

出てくれた姉さん・・

すぐケン坊だとわかると

元気でやってるの?

と・・懐かしい声・・・

私のことは心配しないで

いいよ~今はパン職人の

彼と一緒に住んでるから

それはまずい電話切るよ・・

大丈夫・・ケン坊のことは

全部話してあるし・・・

優しい人だから

わかったわかった・・

酒飲みすぎないようにね

元気で・・・・・・・・・・

HRM姉さんとはこれが

最後になった・・・・・・・・・

責任感の薄さを思い

自分が辛くなり

自棄酒をがぶ飲み

気がつけば店内のソファー

に横たわっていた・・

時計を見たらお昼の12時・・・

セブ島情報ポチリとお願いできますか?

イメージ 6

ありがとう・・ありがとう・・ありがとう・・!!!

チロリン宿・チロリン村も元気です。

メールアドレスliloan_namigiwa@yahoo.co.jp

電話+63-920-903-9837なかだ・・・