ザ・コミックス@セブ

元お笑い芸人(ザ・コミックス)リーダーのセブ島リロアン、旅の宿チロリン宿と波際食堂の独り言。

021・7月12日(月)抜歯じゃねえ抜糸だじょー

こんなに青い空を見て清々しさを

感じたのは久しぶりな気がする

 

f:id:chirorin-mura:20210712195949j:plain

 

翼状片、手術後の状況も徐々に

回復傾向に向かっており・・

4~5日前まで白目が真っ赤に染まっていたが

昨日~今日にかけて かなり赤い部分が

なくなり元の白目が見えるようになってきた

術後2日目でだらしのねえ~年寄り爺さん・・

 

f:id:chirorin-mura:20210712200415j:plain

 

火曜日・半分の抜糸が節目になると思う・・

どうせなら全部抜糸してくれればと思うのだが

女医だから慎重なのかも知れない・・

それにしては手術中の助手との

高らかなお喋りは一体どゆことなんだ?

2週間前 手術直後ジョビーが支払いを

終えてロビーで待ってた障害者をパチリ

 

f:id:chirorin-mura:20210712201255j:plain

 

正直なところわだすを左右から挟み

遠慮のない声でおしゃべりを続け通した

女医と助手・・1時間15分にわたる

手術中の雑音にフラストレーション満開

イライラが最高潮・・静かなロビーでのひと時は

天国を想像させるなんとも言えない気持ちだった

医者代は術後すぐ真っ先に助手を通じて

1万5千ペチョを請求され現金で支払い

病院代はファミリー保険や爺割引などで

2千ペチョ強・・病院は医者に間貸しのようなもの

医者を高給で雇うシステムではないので

医療ミスの責任も問われず経営はきわめて安定

病院の倒産なども聞いた事がない

医者は自分で小さなクリニックを持ち

あちこちの病院を掛け持ち出演・・まるで

日本のお笑い芸人みたいで信用度は低い笑

もちろん医療ミスの責任追及も高難度!

難しい手術の場合本人や家族は例え患者が

亡くなったとしても医師の責任追及はいたしません

と言う誓約書にサインをしないと手術を

してもらえないので自動的にサインをする事になる

だから医療ミスの問題は100%起きないのだ

しかもデポジットと言う名の前金を病院に

預けなければ・・どんな急病人でも救急病棟の

入り口から1歩も中へ入ることは出来ない

たとえ事故で腹わたが飛び出してる患者でも

同じこと・・武士の情けじゃないけれど

ひと思いに首をはねてもらいたくもなるだろう

その昔わだすも腹わたが飛び出す大怪我で

土曜日の深夜12時から救急車に乗り病院を

たらい回しの末日大板橋病院へ運び込まれ

処置を受けたのが午前3時を回っていた・・

血だらけで小腸、大腸などが飛び出ていて

救急車の中で緊急用点滴をうけながらの

3時間少々武士の情けを受けたい気持ちにも

なったことを今更ながら思い出す・・・

時間はかかったけれど受け付けてくれた

病院が見つかったのは幸運であり

神の思し召しというほかあるまい・・

しかし此処フイリピンなら金の都合が

つかなければ3日どころか3ヶ月3年永遠に

治療を受けることは不可能なのだ・・

日本人として日本に生まれ暮らせることは

幸せなことである、生きるということは

苦しいこと・・だからこそ大事な人生を明るく

楽しく生きる方法を見いださなければならぬ

努力のない人生に幸せはない・・

なぜならば苦楽は紙の裏表どちらかひとつを

選ぶわけにはいかない、つくづく思う

今日この頃・・死にぞこないの波際爺

そんなわけでフイリピンの病院も医者も

リスクの少ない安定した経営・・その陰で

庶民や貧乏人は泣きをみている

異常に高い医療費、国民皆保険制度もなし

フイリピン人の金持ちは重度の治療を

受けるときは欧米に行き治療を受ける

わだすもこの度の翼状片手術、日本で

受ければ健康保険の1割負担で超安く済んだけれど

コロナ禍で出国がややこしいのと

数少ない航空機が直前になってフライト

キャンセルになったりといい加減な航空会社

それに長期滞在費やエアーチケット代なども踏まえ

命に関わる問題じゃないので此処で手術を

決断したが返す返すもニックキ中共コロナめ

なんだかんだと言っても医療機器や

医療技術もセブと日本では格段の相違・・

特に手術関係の医療には不安が付きまとう

済んでしまったことだけど・・・・・・

さて・・火曜日昼過ぎ抜糸をうけてこよう~

明るい気持ちで・・明るくはなれねえか・・・

セブ島情報ポチリとお願いできますか?

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

ありがとう・・ありがとう・・ありがとう・・!!

チロリン村・・チロリン宿・・感謝、感謝、

 メールアドレスliloan_namigiwa@yahoo.co.jp

電話+63-920-903-9837なかだ